COLUMN コラム

【Hello!おうちパン人】おうちパンを知らなかった私がおうちパンにはまった理由~入江 綾美さん~

みなさん、Hello!

今回ご紹介する「おうちパン人」は”おうちパン”を全く知らなかったパン作り初心者さんです。

人生始めてのパン作りがおうちパン。焼きあがった瞬間どんなお気持ちだったのでしょう?

ちょっと作ってみよっかな?

パン作りって難しいでしょ?

そんな風に思っている方にぜひお読み頂きたいです。

ではさっそく、入江 綾美さんのお話しをお聞きしてみましょう!

入江さん宜しくお願いいたします♪

 

ーーまず家族構成を教えてください。

 

夫38歳 私38歳 息子4歳(年少)娘2歳の4人家族です。

 

ーーおうちパンを全く知らなかった入江さんと「おうちパン」との出会いを教えてください。

  
実は息子の幼稚園の関係で麻衣子先生と出会いました。幼稚園行事でお世話になったお礼にと麻衣子先生おススメのミントティーをくださったのがきっかけでした。ミントティーが美味しくてインスタグラムで検索したところ、そこで麻衣子先生をインスタグラムで発見!正直驚きました!それが「おうちパン」というものに始めて出会った瞬間です。失礼ながら「おうちパン」と言う名前も知らなかったんです。それからHPに掲載されている動画を観てみたところ

「あれ?私でも作れるかも!材料も家にあるし、持っていない強力粉とイーストもすぐ近所のドラッグストアで買ってこよう!」

と、その日すぐに買いに行きました。

ちなみに、強力粉を買ったのはこの日が人生で初めてでした(笑)

 

思い返せば約3年前、私の母はすでに麻衣子先生のレシピを知っており、本も持っていたんです。

その頃から母に「綾ちゃんでも簡単に作れるから作れば?離乳食とかにもいいし、本当に簡単だよ」と勧められていたのですが、本はおろか動画も見ようともせず「どうせ母はパン作りが好きだから簡単って感じてるんだろうな」と正直思ってしまっていました。(笑)

 

ーー良くお聞きするおうちパンとの出会いに関するエピソードとはちょっと違う出会い方をされているのですが、全く”おうちパン”を知らなかった入江さんが現在「おうちパン」にはまってしまった理由って何なのでしょう?

 

人生で初めて作ったパン。たった3分の動画を見て真似て作ったパン。

何が嬉しかったって、1回目からたぶん成功したことがとても嬉しかったんです!

家族が喜ぶのはもちろん、何か自分でもできたことに自信がもらえました。

私でも、もしかしたらこんなパンもあんなパンも作れるのかな?という気持ちになるんですよね。

また、子どもがまだ小さいこともあり「朝ごはんだよー!」と言ってもすぐにスムーズに食卓につけないことが多くあって、そんな時は食パンを用意していたのですが、片付けをしている内に冷めていく食パンを、「また焼きたての食パン食べられなかったなぁ、美味しい状態で食べたいし、食べて欲しいのに」と残念に思うことが多かったんです。でも今は、冷めてもモチモチ美味しいままなパンを食べる事ができるようになり、全くその気持ちも無くなりました。これもまたおうちパンの魅力かなぁと思っています。

我が家はコロナをきっかけに買い出しは1週間に1回なので、「おうちパン」に出会うまで食パンを3袋一気に購入、保管しておくスペースも少し気になっていたのですが、自分のペースで生地を仕込み適宜好きな分だけ焼いて楽しめる事も魅力の一つです。



 

ーーおうちパンと出会ったことでお買い物も少し楽になり、いつでもフレッシュなパンを食べられるようになったということですよね!朝食で出すパンは食パンがメインだったと思うのですが、今はどんなパンをよく作られているのでしょうか?


チーズ玉とフライパンパンです!

初めて作ったのも、今も食べ続けているのもこの二つです!

まず、我が家はみんなチーズ好き。パン作りをしたことがなかった私は、まずはとにかく好きなものにしました。後日パン作りの好きな母に話したら「始めて作るのだから、まずはシンプルなパンから試すものでしょう?」と言われたのですが、最初からこの「チーズ玉」にトライしたこと、トライして成功した事が私が「おうちパン人」になった理由な気がします。

なので

「麻衣子先生のレシピはどれも楽しいから自分が好きなパンを作ってみるのが一番良いと思うよ!」と周りのお友達やママ友に勧めています。

チーズ玉作りは最初の2回だけで、その後は基本朝起きてから(10等分にして食べてます)7個はハムとチーズを詰め込んで、3個は板チョコひとかけら詰め込んで焼いています。(夫娘は、ハムチーズ一筋、私の息子は朝からチョコレート食べたい派なんです)こんな風に同時に出来上がるけど、食べたい味が作れるって最高じゃありませんか??

 

ーーどれくらいの頻度でお作りになりますか?

  週に4、5回です。

ホットケーキの日と、おにぎりの日となどのぞいて、4、5回です。前日の夕ご飯の支度をするのとお同時に次の日のパン生地
を仕込みます。キッチンにいる時間に10分あれば、さっと仕込んでしまいます。

最初は、どのくらいかかるか気になり仕込みの時間を測りましたが、最初の頃でも15分程。

麻衣子先生のレシピは本当にすごいですよね!

最初の頃は、どのくらいこねたほうがいいのかもわからなかったので、今思えばコネすぎてたのかも?と思いますが、それがまた美味しいパンを焼けたポイントかもしれないですね!(笑)

 

そして、おうちパンを作るようになって良かったことがいくつかあります。
夕飯作りと平行してパン生地を仕込むことが多いのですが、仕込んでいると「ママ明日のパン作ってるの?ありがとう。」など子どもに言われたり、おままごとをしている時に粘土でパン作っているんだ!のような遊びをしていたり、なんと言いますか「良いことをした気分」にさせてもらっています。

夜や朝に「今日はパンケーキがいいな」と言われても、冷蔵庫で保存できるので焦ることなく

「わかった、いいよ!パンケーキ美味しいよね。」と急なリクエストに笑顔で応えられています(笑)

 

ーーたくさん焼いてくださっていますが、ご家族の反応はどうですか?

 

初めて作ったその日から、大絶賛!

これは本当に嬉しかったポイントです。

おうちパンは失敗することがないレシピなのではないか!?と感じ、また達成感が溢れました。

夫は「今まで食べてきたパンの中で一番美味しい!」と言ってますし(笑)

息子も当時3歳、娘は1歳でしたが、美味しい美味しいと間食してくれるんです。

良く作るパンはまだ小さい娘でも、持ちやすい形であり、またモチモチしているのでポロポロこぼさずに食べることができて、「上手に食べれた!」と娘の自信にも繋がり、とても満足そうに食べています。この娘の嬉しい気持ちが母としてもとても嬉しいものです。

「昨日ママがこねていたやつだよね?」と言ってくれたり、朝は子ども達と一緒に成形して

「これは〇〇がやったやつだから印つける!」と胡麻で顔描いてみたりと子ども達が食に対して興味や楽しさを感じてくれているのを感じ、ただ美味しいパンが食べられる以上の家族の変化を楽しんでいます。

お友達が来た日にも、予め仕込んでおいた生地を使って子ども達に成形をしてもらって、みんなで焼き立ても食べることもあります。

もちろんみんな大喜びです!

仕込んだ生地をストックできなかったら、なかなかできない事だと思いませんか?

ーー何かおうちパン作りでのエピソードはありますか?

2021年の夏にちょっとした手術を受け、術後は身体が痛かったため、どんなに簡単に作れるおうちパンでも「さすがに2週間は作るのやめておこうかな」と思い、夫に「今週は食パン買ってきてー。」と伝えたところ、なんとびっくり!

「こねるのは僕がやるよー。」「僕でもできるかな?」

と夫が言ったのです!これには本当に驚きました。
後日談ですが、いつも仕込んでるの見ていて、もしかしたらできるかも?と密かに思ってはいたらしいです(笑)夫自身がとにかくこのおうちパンが好きで、毎日でも食べたかったという理由も。
「これはパパが作ったパンだよー」となんだか夫自身も誇らしげでしたし、子ども達も「かっこいいね!優しいね!」とパパの株があがった瞬間でもありました。

My粉を使えば、ちょっとめんどくさい計量も最小限で済んでしまう。
今では夫までMy粉の大ファンなんですよ(笑)

ーー今後作ってみたいレシピはありますか?

シナモンロールです!好きだから!でも、シナモン粒ジャムで満足してしまってます(笑)あとは、クロワッサンです!これも好きだから!

ーー麻衣子先生へ何か一言!

これからも、多くの人に幸せを届けてほしいです!!
 
 

入江さん、ありがとうございました。

おうちパンの魅力にご家族全員で虜になり、美味しいパンを食べる幸せ以上の幸せを感じてくださっているのをとても感じました。

入江さんご本人のみならず、ご主人も作ることができる簡単な「おうちパン」

美味しいね!

パンが作れるパパってかっこいい!

作ってくれてありがとう

そんな会話が聞こえてきます。

これからもたくさんのパンをご家族一緒に焼いて楽しんでくださいね。

 

「おうちパン」はご自宅でお米を炊くように簡単にパンを作れてしまうパンですが

今回の「おうちパン人」の入江さんも「おうち」をキーワードに、子ども向け英会話レッスンをされています。

ぜひ入江さんのプロフィールもチェックしてみてくださいね♪
 

 
今回お話しを聞いた「おうちパン人」

入江 綾美さん

Instagram→ Ayami_English

YouTube→ おうち英語チャンネル Ayami

  「おうち英語」というものを広めたくて日々活動しています。

英語は「教科」の始まりではなく、言葉の一つとして、間違っても適当でも楽しくご家族からお子様へ、おうちでも話すことをめざしています。

英語の絵本や手遊び歌、「どっちに入ってるでしょうか?」といった、子ども達が大好きな遊びを簡単な英語で良いので、ご家庭でお父さん、お母さんにまず使って欲しいと思っています




 

MENU