ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

メディア

生でつながる感動! 料理教室をライブ動画で実現する『cookpad Live』に出演するワケ。

生でつながる感動! 料理教室をライブ動画で実現する『cookpad Live』に出演するワケ。

こんにちは、吉永麻衣子です。

ちょうどこの7月で『cookpad Live』に番組を持たせていただいて、1年になります。

そこで、『cookpad Live』出演のきっかけとその魅力について、綴りたいと思います。

『cookpad Live』との出会い

cookpad Live出演中の吉永麻衣子

最初に、HPからお問合せをいただきました。当時は『cookpad TV』でした。

私自身、どうしても書籍や画像では伝えきれないので、「パン作りこそ動画が見てもらえたら!」と思っていたタイミングで、周りも「動画の時代だー」なんて言っていたし、「『cook pad』だなんてすごい大きなブランドのある会社さんからのお声がけ!」といった嬉しい気持ちと、「私なんぞ生放送でパン作りができるのか? 仕事中、子どもたちはどうするんだ?」という不安がありましたが、ワクワクが勝っていました。

当時、まだ6か月の三男をバギーに乗せて、打ち合わせに伺ったのを覚えています。

お会いした方もママでした

cookpad Live出演後、焼いたパンを子どもたちに見せる吉永麻衣子

出演に声をかけてくださったのはYさん。

お仕事も子育てもバリバリがんばる素敵な方でした。

子どもを産んでから私も強くなったなーと、こんな時に感じますが、こちらの希望の条件をすべてお伝えしました。出演料のことではなく、子どものこと。

そしたらとてもさわやかに「お子さんも一緒に出てもいいですし、連れてきてください! スタッフが誰か見ますから!」と言ってくれたのです。

え、私が悩んでいたのはなんだったのか・・・。

「『cookpad Live』って、なんかこれまでにない概念で料理を世の中に提案しようとしているのでは?」と感じ、ワクワクしました。

「日曜日の朝にお子さまとパンを焼くなんていう家庭が増えたら素敵ですよね!」と話してくださいました。

ただ、どうしても日曜の朝9時にスタジオにつくのは大変。

子ども3人は、幼稚園も学校もないので家にいる日です。そして、我が家の主人はシフト制の仕事のため、日曜日私が3人連れていかなければならないことも多いのです。

「3人連れて電車? いやいや・・・、車でしょう!」と、運転に自信がなかったので、お受けする前に何度か助手席に主人に乗ってもらい往復しました。

そこがクリアしなければ受けられない仕事でした。

「車でも行けそう!」と自信が持てて、すべての条件がそろい、お受けすることにしました。

全国・世界にいるユーザーと生でつながれるうれしさ、そして感動。

cookpad Live準備中の吉永麻衣子と子どもたち

「パンを生放送の30分で紹介すること」、それ自体は、さほど難しいとは感じませんでした。

途中見てくださっている方からのコメントをうれしく読ませていただいたり、ご質問に回答しながら、30分。それは、夢のような時間でした。

そして何より、私のレシピを紹介させていただけるありがたさ

全国・世界にいる本の読者の方やおうちパンマスターの方と、生でつながれるうれしさ、お受けできて本当に良かったと思いました。

「子どもがいるからできない!」と言うのは簡単だけれど、日曜日の午前中、どうせ家でダラダラしているなら、できる方法を考えてみよう、とそう思わせていただけて、本当に感謝です。

全国で応援して見てくださっている方がいることが、どれだけこの1年私の力になったかわかりません。「最初はだれも見てくれなかったらどうしよう」って本当に不安でしたが、そんなことはありませんでした。

みなさん温かい目で見てくださり、実際にレシピを使ってパンを焼いてくださって。放送後、夜にインスタを開くと昼間紹介したパンをもう焼いてくださっている方も多くいて。感激でした!

画面の右下からハートがたくさんでていると、お子さまが見てくださっているのかなってうれしくなりました。

中には私のまねをしてくれるお子さまもいて(笑)

「めん棒は真ん中からうえ~真ん中からした~」

「画面の右上のレシピを見るをタッチしていただくと~」

なんて見せてくれて笑っちゃいました!

最初の打ち合わせでYさんと話した「日曜日に親子でパンを焼く」が少し実現できているのかなと思いました。

こうして「次世代にパン作りが伝わっていくこと」を、私は続けていきたいです。

おわりに

吉永麻衣子プロフィール

実はこの夏から毎週放送していた「オーブンいらず楽ちんパン」が、月に2回の放送になります。

私自身この1年、よくがんばりました!

家族も思った以上に協力してくれてなんとか1年終えることができそうです。でもやはりちょっと大変でした。どんどん成長していく子どもたち。三男は歩き出し、小走りに・・・。どんんどんやりたいことがはっきりしてきて。

そんな子どもたちとの時間も大切にしたいと思いました。なので、合意の上でのことです。

夏はタレントさんもたくさん出演され、盛り上がるみたいですよ!! このお話を聞いたときに、やはりタレントさんに数字で勝てないものだなぁと思いました。まだまだ力不足。

でも、月に2回でもみなさんにパン作りをご紹介できることを心から感謝して、これからもがんばります。

応援よろしくお願いします!