ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

RECIPE

切りっぱなしパン(レシピ動画付き)

切りっぱなしパン(レシピ動画付き)

作りおきパンが好評で、第二弾として考えたレシピです。 さらにさらに簡単に、成形は切りっぱなしのみ。 生地をなるべくさわらずに、包丁でカットしてトースターで焼くだけ。もちろん、作りおきパン同様、週末に多めにこねれば、平日の朝、焼きたてパンがいつでも食べられるように考えました。

作り方:切りっぱなしパン 

作業時間:15分

材料:切りっぱなしパン24個分 ■保存容器 強力粉 400g 砂糖 20g 塩 6g ■ボウル 牛乳 200g 水 80g インスタントドライイースト 4g バター 20g

1.計量する

材料をデジタルスケールで計量し、保存容器、ボウルにそれぞれ投入する。

2.こねる

牛乳と水を合わせたところにインスタントドライイーストを振り入れ溶かす。 保存容器に強力粉、砂糖、塩を合わせカードでさっと混ぜ合わせる。 イーストが完全に溶けて容器の底に落ちたら、保存容器の中に水分入れ、カードで切るように混ぜる。 最後は手を使って混ぜ、生地を一つにまとめる。 まとめた生地の上にバターを乗せ、バターがなじむまで手でこねる。 バターと生地はなじみにくいので最初はカードで生地を切るようにし、断面にバターが入ると早くまとまってくる。 ひとつにまとめてふたをする。

3.発酵する

冷蔵庫で8時間以上置く。 ※1日に1回以上丸めなおせば5日間冷蔵庫で保存可能。

4.成型する

食べたい分だけカードで切り分けて生地を取り出し、残った生地は丸めなおして保存容器にもどし、冷蔵庫で保存する。 食べたいパン生地は、好きな大きさにカードや包丁でカットし、オーブンシートを敷いた天板に並べる。 仕上げ発酵:なし

5.焼成

24等分に分けて7個ずつ焼いた場合の時間 トースター 1200w 8分 オーブン 180℃ 15分 魚焼きグリル 弱火で5分 フライパン 蓋をして片面弱火7分ずつ 切りっぱなしパン フライパンで焼成 Point 成形するときに、触りすぎないことがふっくら焼くポイント! せっかく1次発酵でふんわりしている生地をつぶさないように焼いてください。 レシピの質問などあればお気軽にCONTACTまでお寄せください。

書籍のご案内

切りっぱなしパンは以下の書籍に掲載されています。 もっと詳しくご覧になりたい・アレンジに挑戦してみたい方はぜひお手に取ってご覧ください。

冷蔵庫で作りおきパン 切りっぱなしでカンタン by吉永麻衣子

冷蔵庫で作りおきパン 切りっぱなしでカンタン
週末に、パン生地をたっぷり作りおきして平日は好きな形にカットして、毎朝焼き立てを。
「もっと簡単&おいしい作りおきパン」をどうぞ。

●2016年大ヒットパンの本「冷蔵庫で作りおきパン」が、さらにパワーアップ!
●計量、混ぜる、発酵、保存、そして、カットまで、保存容器ひとつでOKです!

主婦の友社 (2017/9/15)
『冷蔵庫で作りおきパン 切りっぱなしでカンタン』詳細ページへ