ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」参加しませんか?

zerohunger-yoshinagamaiko

パン講師の大先輩でもある高橋雅子先生よりお声がけいただき、国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」に参加してみることにしました。

ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス × 飢餓ゼロ 国連WFP 世界食料デーキャンペーン2020

飢餓で苦しむ子どもたちがいる一方で、私たちは食材を破棄してしまっています。私の住む横浜市青葉区でもこのフードロスに取り組む団体「森ノオト」が情報発信をしてくださっているのでとても興味がありましたが、タイミングが合わずご一緒することができていませんでした。

振り返れば小学校の頃は発展途上の国の子どもたちのことを想うことが習慣としてありました。私が通っていた学校は毎日お弁当だったのですが、週に1回「おにぎり弁当」の日がありました。普段はご飯におかずのお弁当のところを、おにぎりだけにして、おかずの分を募金、発展途上国の子どもへ送ろうという取り組みでした。

学校にいた頃はそんな活動にも触れていたのに、大人になってから全く関わることがなくなってしまい気になっていたところ、雅子先生から嬉しいお声がけ。

私に今できることをやらせてもらいたい!と思いました。

私ひとりではできることは限られているので、ぜひこの記事をご覧くださっているおうちパンを焼く皆様にもご協力頂きたく思っています。

1.フードロスを減らすアクションをする!

おうちパンだから!冷蔵庫の中でくたっとなった野菜を使ったピザなんかいいな!ちょこっと残ったウィンナーやベーコンものせてみよう!冷蔵庫にも何かあるかも?

  • ケチケチ酵母なんてまさに捨てる食材を使った酵母でめっちゃいい!
  • 焼いたパン、乾燥してしまったらラスクやクルトンにして美味しく食べるのもいいね!
  • 他には、スーパーの売り場の端っこにある割引された食材を買ってみることや、レストランで食べ残したものを持ち帰るということもフードロスに繋がりますよ!!

 

2: SNSに投稿する! 

SNS投稿のハッシュタグは、 

  • #食品ロスゼロアクション 
  • #ゼロハンガー2020   
  • #国連WFP

 

3: 発展途上の国の子どもたちに給食が届く!1投稿120円で子ども4人に給食が届きます

え!?豪華商品が当たるチャンスも??

 

 

投稿期間は今日9月1日から10月31日までです。
ぜひHPもご覧ください。たくさんの企業や有名な方が協賛し、盛り上げよう!と気持ち一つにスタートされています!!

“おうちパン”でできること、私たちもやりましょう〜!!

食品ロス × 飢餓ゼロ 国連WFP 世界食料デーキャンペーン2020