ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

ニュース

【ニュース】“おうちパンマスター”による子ども向けパン教室『ニコニコキッズ』が全国で活動をはじめます!

【ニュース】“おうちパンマスター”による子ども向けパン教室『ニコニコキッズ』が全国で活動をはじめます!

こんにちは。吉永麻衣子です。

『cotta』と共同運営のおうちパンを伝える資格、“おうちパンマスター”は、現在、2500人ほどが登録して活動されています。

このたび、“おうちパンマスター”による子ども向けパン教室活動『ニコニコキッズ』が5月より全国展開することになり、6月に横浜市青葉区でもスタートしました。

本日は、その『ニコニコキッズ』の活動についてご紹介したいと思います。

きっかけは、富山と大阪で活動をはじめた“おうちパンマスター”の子ども向けパン教室

もともと富山と大阪で活動していた子ども向けパン教室チーム

昨年末にそのグループリーダーと会う機会があり、「これはぜひ全国展開したいんです!」と言ってもらえてスタートすることに。

それまでのたくさんの経験と培ってきたノウハウを惜しみなく出してくれ、全国でチームが立ち上がり、そのメンバーが楽しく活動することをイメージして、資料をまとめリリースしました。

“おうちパンマスター”についてもっと詳しく知りたい方は、「WORK-おうちパンマスター with cotta」ページをお読みください。

『ニコニコキッズ』は“おうちパンマスター”講師が力を合わせて、念願の子ども向けパン教室を開催できるシステム

『ニコニコキッズ』はおうちパンマスター講師が力を合わせて、念願の子ども向けパン教室開催を行えるシステム

同じ地域にいる“おうちパンマスター”が集まってチームとなり、子ども向けパン教室をすることが可能になりました。

子ども向けパン教室は、「開催したい講師」、「参加したい生徒」も多いのですが、当日の運営に人手がいるため断念することが多いのも事実。

でも、チームになっていれば問題は解決です。子どもたちの笑顔のために講座が開催できて素晴らしいです。

おうちパン講座で笑顔の子どもたち

そして“おうちパンマスター”同士の交流にも有効。

経験のある講師がどんな様子で講座をしているのかを見せることもできるし、経験が少ない講師を経験のある講師ががちっとフォローすることもできます。

“おうちパンマスター”はおうちパンを広めるためのチームです

それを実現できるのが、『ニコニコキッズ』活動だと思います。

横浜市青葉区『ニコニコキッズ こどもぱんくらぶ』がスタートしました!

横浜市青葉区『ニコニコキッズ こどもぱんくらぶ』がスタートしました!

6月1日に手を挙げてくれたメンバーと子連れでキックオフ会をしてきました。会場の様子もわからないので、発酵済みの生地とビニール袋に材料を入れて集合!

この日の目的はふたつ。

  • とりあえずシミュレーションとして、自分たちの子どもとパン作りをする。
  • そしてもうひとつはメンバー同士の顔合わせ。

集まってくれた子どもたち8人とわいわい「クワガタパン」を作りました。

それぞれ個性的なクワガタパンが完成! 女の子の作るクワガタはかわいいし、小学生の男の子が作るクワガタはとっても細かくできあがっていました。

生地を作ったり、形を作ったり、短い時間ですが子どもたちはとても真剣。集中している横顔はとてもかわいいです。

生地や形を作ったり、子供たちはとても真剣

焼きたてをみんなで食べるのは最高!

私たち運営側も、初顔合わせなのに、みんなでパンを焼けば一気に仲良しに

話し合いでチーム名を『こどもぱんくらぶ』と決め、これからの活動についても認識合わせをしてきました。

チームでパン教室ができるなんてわくわく楽しみです!

おわりに

横浜市青葉区『ニコニコキッズ こどもぱんくらぶ』講師メンバー

『ニコニコキッズ』活動について、いかがでしたか?

“おうちパンマスター”がひとりで開催するにはハードルの高い「子ども向けパン教室」も、チームで力をあわせれば実現可能になる!  

講師にとっても生徒にとっても、お互いのニーズが叶う『ニコニコキッズ』、ぜひ広めていきたいです。

また、横浜市青葉区の『ニコニコキッズ・こどもぱんくらぶ』の今後の開催告知は、こちらのHPにアップしますので、どうぞお楽しみに~!

みんなでニコニコになれるパン作りをしていきましょう!!