ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

教室

【レポート】“おうちパンマスター”にチャンレジ! 『東急セミナーBE』にて講座スタート!

【レポート】“おうちパンマスター”にチャンレジ! 『東急セミナーBE』にて講座スタート!

こんにちは、吉永麻衣子です。

『東急セミナーBE』にて「おうちパンマスターにチャレンジ!」の全6回講座がスタートしました。

この講座に出ると9種類のおうちパンの基本のパンを学ぶことができ、必要な課題提出、そして筆記テストに合格すれば“おうちパンマスター”として認定されます。(全国どの認定校でも同じ課題が出ます!)

そこで、本日は『東急セミナーBE』での講座の初開催、そしてこれまでの様子をお届けしたいと思います。

『東急セミナーBE』との出会いと現在のスタイル

初めて開催したのは2年前。たまプラーザと二子玉川で開催。この時私は妊娠中でおなかに3男がおりました。

そして昨年。3男は生まれて、歩きたいさかり。

これは講座をしている間どうしようかと思ってましたが、1期のメンバーが「手伝うのでぜひ開催してください!」と応援してくれたので開催することにしました。

私が講座をしている間、講座のアシスタントをしてくれる人、そして、3男の相手をしてくれる人。お願いしたらすぐにシフト表が出てきて万全の体制で気持ちよく安心して講座を開くことができました。

そして今年。3男はさらに動くようになり、私にしか見られない状況。そこで1期からシニア“おうちパンマスター(おうちパンマスターを認定できる資格を持つ人)”のふたりに一緒に講座を担当してもらうようお願いし、3人で役割分担をしました。

毎回いろいろな状況で大変ではあるけれど、どうしたら開催できるのか?と考えていたら、助けてくれる仲間がいてくれて、なんとか今に至っています。

助けてくれる仲間とともに“おうちパン講座”を開催する楽しさ。

3年前までは、自宅でも認定講座を開催していましたが、私にとって今はこの『東急セミナーBE』しかおうちパンマスターを認定する講座をしていないので、とてもとても大切な時間になっています。

講師をしてくれているのは井上有希子さん、尾畠三紀子さんです。このふたりはご自宅でパン教室をしているほか、たまプラーザにある『3丁目カフェ』で毎月おうちパン講座を開催してくれています。

そして3期のメンバーは、16名。お子さま連れが多いのが特徴的です。おうちパン講座ならでは!の光景だと思いますが、おんぶしたり抱っこしながらでも講座が受けられます。

2期までは赤ちゃんの参加がおふたりでしたが、今回は多い! にぎやかに楽しく開催しています。生徒さんが作業をする間、講師が交代で抱っこなんてさせてもらって、とても幸せです。これが“おうちパン講座”です。

そして男性がいらっしゃるのも新しい風。名簿を拝見した時に、男性がおひとり入っていたので、どんな方がいらっしゃるのかな、もうリタイアされた方なのかなと思っていましたが、お若い男性でした!

お教室に入ってこられ、着席されたときに思わず「パンの講座ですがお間違いないでしょうか」と聞いてしまいました! そしたら「はい!」と笑顔でお答えくださり、「祖父がパンを焼いてくれたのがうれしくて僕も焼きたいと思ったんです」と話してくださいました。家の中で、「パン焼きは男性の仕事!」、なんて素敵ではありませんか!!

このような素敵なメンバーで3回分の講座が無事終了し、残り後半の3回を9月に残しています。

わからないことは講師や仲間にすぐに聞ける、そこが最大の魅力。

講座の中では、私たち講師がパンの焼き方のデモンストレーションをしてお見せしますが、生地作りはみなさんに一緒に行ってもらうので、発酵前の生地がお土産でつきます。それをご自宅で焼いていただきます。やはりそれぞれの機材の違いで悩まれたり、これが正解なのかわからなかったりするようです。

この6回講座の良いところは、わからないことをすぐに次の講座で聞けることです。

16人の仲間がいて聞きやすいこともありますし、講師たちも2年前は生徒側にいた人たち。みんなの気持ちがよくわかるので、これから課題を提出しようという方にはとても心強いと思います。

おわりに

いかがでしたか?

気づけば残り半分になってしまって、寂しい気持ちもありますが、“おうちパンマスター”はここからがスタート

生徒のみなさまと活動をご一緒できるのを楽しみに、残りの講座もしっかり取り組みたいと思います。

みなさま、最後までお付き合いよろしくお願いいたします!