ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

吉永麻衣子コラム

おうちパンマスタースローガン2021 ”「ありがとう」を伝えよう おうちパンで繋がる笑顔”

おうちパンマスターは今年でスタートして5周年になります。記念すべき年なので、おうちパンマスターみんな一緒に同じ気持ちで1年間過ごせたらと考えてみました。

先日開催されたおうちパンマスターキックオフにて以下のようなメッセージをおうちパンマスターに伝えました。

おうちパンを楽しんでくださる皆様、そしてこれからおうちパンマスターになりたいなという方、そして企業様はじめお仕事でご一緒させていただいてる皆様、今年もよろしくお願いします。

 

 「ありがとう」を伝えよう おうちパンで繋がる笑顔

2021年、みなさんはどんな1年にしたいですか?

2020年を振り返ったりしましたか?

今年はおうちパンマスターがスタートして5周年です。

小さな教室を開催していた私が、ひょんなことからスティックパンを伝えたくなり、

スタートしたおうちパンマスター。

まさかこんなに広める仲間が一緒になってくれるなんて思ってもいませんでした。

Cottaさんがジョインしてくれ、なんと4000人を超える受講者がいます。

昨年は、私にとってとっても不思議な1年でした。

一番下の将也が2歳なのでまだ全力で活動することはまだできないけれど、

プレ幼稚園に入るので、その時間を使ってあれもこれもやりたいと思っていました。

そんな時にコロナが蔓延。

やりたいと思っていたおうちパン講座ができなくなるどころか、

緊急事態宣言が出るなど、生まれて初めての経験、普通の生活が送れない日々となりました。

「こんな時こそおうちパン!」と思ったけれど、

子ども3人との生活の中でパン作りを伝えるのはとても大変でした。

でもそんな時におうちパンマスターがいてくれました。

おうちパンマスターがいてくれたから、コロナ禍でもおうち時間を充実させてもらいたいという思いで、

おうちパンのレシピを広めることができました。

おうちパンマスターに感謝。

cottaに感謝。

ライブを見てくれたみなさんに感謝。

とにかく感謝の1年となりました。

当たり前だよねって思うこと、それは全てありがたいということ。

言い換えてみてください。朝が来たら目が覚めるのはありがたい。

家族がいて、みんなでご飯を食べられうことはありがたい。

おうちパンを焼けることはありがたい。そんなことを感じた1年でした。

そして来年のことを考えようと集まったアドバイザー。

初回は11月。

来期のテーマを考えたいので、打ち合わせまでに各自考えておくこと!

と宿題を出し、考えてきてもらいました。

その際に出たいろいろなキーワード。

総じてみんな、この1年で隣との繋がりを感じ、必要な人と強く繋がれ、

そして感謝していると言っていました。

これまであまりテーマを決めたことはなかったのですが、

5周年でもあるので、今年は一つテーマを掲げ、おうちパンマスターみんなで意識して活動できたらと思います。

そして活動と言いましたが、

おうちパン講座をすることだけが活動ではありません。

一番小さな活動は家族におうちパンを焼いて楽しく過ごすこと!

実家のお母さんにレシピを渡してみたり、

ちょっと遠くなって、隣の奥さんとのたち話や、

SNSで発信してくれることだって立派なおうちパンマスターとしての活動だと思います。

少しずつの活動がおうちパンを広げてくれています。

なので、私にとってはおうちパンマスターもその先の生徒さんにも本当にありがとうを言いたいです。

おうちパンが認知されることで、私もそうですがおうちパンマスターの活動もしやすくなっていると思います。

隣の人にまず「ありがとう」を伝えることを続ける1年にしたいと思っています。

どうぞ皆様よろしくお願いいたします!