ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

おそとパン

【おそとパン部】「おそとパンにあう冬の料理(レシピ付き)」

こんにちは!

外で簡単においしいパンを焼く“おそとパン部” 編集長の高橋ともみです。

おそとパン部員のライターメンバーによる「おそとパンに役立つ情報」をお届けしています。

テーマは、

「おそとパンにあう冬の料理(レシピ付き)」

今回のライターはお料理上手なキャンパー

おそとパン部員#0002 東京都在住のせきざわあきこさん

おそとパンのお供に最適な、寒い季節に嬉しいお料理をレシピ付きで教えてくださいました!

おそとパン部ライター紹介

東京からこんにちは。

おそとパン部#0002せきざわあきこです。

まだまだ、人混みは避けたいこの冬…

 

キリリと澄んだ空気を感じて、

身近なお庭やベランダで

ご家族と冬のおそとパンも楽しいですよ。

 

今回は“グルメ課”より、おそとパンのお供に最適なお料理

おそとで遊んでるうちに出来ちゃう【ポットロースト】をご紹介します。

寒い季節に、ハフハフしながら、おそとパンと一緒にいかがでしょう~。

 

【ポットロースト】って?

大きなお肉をゆっくりコトコトとコンロやストーブの上で蒸し煮にしたり、鍋ごとオーブンでじっくり調理する“ポットロースト。

野菜も一緒に煮込めば、簡単なのにお肉も柔らかで豪華なお料理になります。

ポットローストには決まったレシピはありません。お肉も豚肉でも牛肉でも鶏肉でもお好みでいいんです。一緒に煮込む野菜も、季節の野菜や残り野菜、そこへお好みのハーブをプラスすれば、ご家庭ごとのオリジナルポットローストになります。

【ポットロースト】を作るときのポイント

特に決まったレシピの無い“ポットロースト”ですが、お米からご飯を炊くように手順とポイントがあります。

⓵お肉の下準備

お肉にお好みの味をつけて馴染ませる。

シンプルに塩・胡椒やハーブソルト。塩麹もおススメ。

そこへお好みのハーブもプラスすると更に風味がアップ。

⓶お肉を焼いてから蒸し煮

最初にしっかりとお肉の表面を焼き、旨味を閉じ込める。

③おすすめのお鍋

じっくりゆっくり蒸し煮に出来ればどんなお鍋でも可能です。

ただ、長時間蒸し煮にするため、水分調整が必要となります。

無水鍋やダッチオーブン、ストウブなどの無水調理を得意とするお鍋は、水分を足すことなく、素材の旨味を凝縮出来るのでお勧めです。

【ポットロースト】を作ってみよう!

『リンゴとさつまいものポットロースト』

※私はストウブのお鍋で…

《材料》

・豚肩ロース肉(ブロック)…約600g

・玉ねぎ…1個

・リンゴ…1個

・サツマイモ…中1個

・にんにく…2片

・白ワイン100㏄~

・ハーブソルト…小匙2

・ローズマリー…適量

・ローリエ…適量

《作り方》

⓵豚肉にハーブソルトをすり込み、ローズマリーと一緒に一晩寝かせる

⓶リンゴ・玉ねぎはくし切り、サツマイモは輪切りか乱切り、にんにくは潰しておく。

③鍋にオリーブオイル、にんにく、豚肉を入れ、表面に焼き色を付けて取り出す。

⓸玉ねぎ、リンゴ、サツマイモを鍋へ入れ③の豚肉、にんにくを戻し、白ワイン、ローリエを入れ、蓋をして弱火で約40~50分蒸し焼きにする。そのまま粗熱が取れるまで放置。

⓹豚肉をカットし、一緒に蒸し焼きにした野菜と盛り付けていただく。

※私はベランピングの時は200℃のオーブンに50分+放置なので、ほったらかしです(笑)

 

※途中で水分がなくなると焦げるため、鍋や一緒に煮る食材に合わせて、水分や火力の調節を行ってください。

※煮汁におそとパンを付けても美味しいですし、その煮汁をリメイクしてスープにするのもおススメです。

お好みのお肉やお野菜で、 “オリジナルポットロースト”楽しんでみてください。

いかがでしたか?

写真見るだけでおなかがすいてきた編集長のともみんです

とってもオシャレでおいしそう!

キャンプの時なら、①②を自宅で仕込んでいくと現地で楽ができそうですね。

 

今回のコラムで教えていただいた「ポットロースト」は、おうちでも大活躍間違いなしなレシピ

おいしそう♡と思った方は

おそとパンと共に、ぜひチャレンジしてみてください

基本のおそとパンレシピはこちら!

お外で焼いたら

#おそとパン

Instagramでの投稿お待ちしています。

これからもおそとパン部では、外で楽しくパンを焼けるアイデアを発信していきます。お楽しみに!