ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

おうちパンマスターFile

【おうちパンマスターFile vol.8】おうちパンを通して、夢だった活動をどこでも続けられる~渕之上奈津子さん

【おうちパンマスターFile vol.8】おうちパンを通して、夢だった活動をどこでも続けられる~渕之上奈津子さん

こんにちは!吉永麻衣子officialサイト編集部の井上です。

”おうちパンマスター”として独自に素晴らしい活動をしている方にスポットライトをあてる『おうちパンマスターFile』。8人目にご紹介するのは、神奈川県でおうちパンマスターになり、その後、引越しをして遠く離れた鹿児島県で活動をされている渕之上奈津子さんです。

小さい子供がいての転居はただでさえ不安がありますが、新天地の鹿児島県でもおうちパンマスターとして活躍している渕之上さんが、どのようにしておうちパンと出会い、活動の幅を広げているのか、お話を伺いました。

 

友人をキラキラさせているおうちパンって?

渕之上奈津子さん

ご主人、そして5歳、2歳の娘さんの4人家族の渕之上さん。もともとはパン作りに興味があったわけではないそうですが、ご主人のお仕事で神奈川県に住んでいたときに、ある事がきっかけでおうちパンに出会ったそうです(上の写真は、下のお子さんが「はじめてのパンはママのパン」を実現した時だそうです!)

--パン作り歴は何年くらいになりますか? 

(渕之上さん)おうちパンしか作ったことがないので、おうちパンを習い始めてから約1年半になります。

--おうちパンとの出会いを教えてください

(渕之上さん)私の場合、少し特殊かもしれません。というのは、実は元々パン作りに興味があったわけではなく、それまでレシピ本を見ることもありませんでした。パンは買って食べるのみ!だった私がおうちパンに出会えたのは、岐阜でおうちパンマスターになってお教室を始めた友人のおかげなんです。

彼女のブログを見ていたら、パンの写真ばかりなのに、とても楽しそうで生き生きとした彼女の姿が見えてきて、「彼女をこんなにキラキラさせるおうちパンって何だろう!?」という興味の持ち方をしたのです。それで、近所にお教室がないか検索して習いに行き、見事にハマりました!

--おうちパンマスターになるまでのきっかけは何ですか?

(渕之上さん)当初は自分が楽しみながら家族のためにパンが焼ければそれで良いと思っていました。

あるとき、ベビマとおうちパンのコラボレッスンに参加したときに先生がおっしゃった「赤ちゃんがはじめて食べるパンはママのパン」という言葉がとても心に残りました。ベビーセラピストという資格も持っているので、『おうちパンを通して赤ちゃんとママの絆を深め、より笑顔の時間を増やすお手伝いができるかも!やりたい!』という思いが強くなり、おうちパンマスターになろうと決めました。

 

おうちパンを通して仲間と呼べる存在ができた!

渕之上奈津子さん

--おうちパンマスターになり、変わったことや良かったことを教えて下さい。また、一番うれしかったエピソードがあれば教えてください。

(渕之上さん)1番良かったのはやはり「仲間」と呼べる存在ができたことです。子どもが産まれてから、子ども抜きで誰かと繋がるということがなかったので、年齢や職種も様々なおうちパンマスターの皆さんに出会えることは大きな刺激になります。

全国におうちパンマスターがいらっしゃるということで、引っ越しをしても仲間に出会えるというのは嬉しいですね。鹿児島のおうちパンマスターの皆さんにも温かく迎え入れていただき、本当にありがたく思っています!また、ずっと「子どもに関わる仕事がしたい!」と思っていたので、キッズ講座を通してキラキラした子どもたちの目や、楽しそうな笑顔を見られることは心から嬉しいです!このような形で夢が叶って、おうちパンとの出会いには感謝しかありません!

--おうちパンマスターの活動に対し、ご家族の反応はいかがですか?

(渕之上さん)夫は半ば苦笑いしながら見守ってくれています。私がここまでパンにハマると思っていなかったのでしょうね (笑)。でも、休みのときは子どもたちを見てくれるなど協力してくれるので、ありがたく思います。5歳の娘はキッズ講座に参加することもあり、「お母さん、先生上手にできてたよ!」なんて評価してくれます (笑)。

--おうちパンで一番好きなパンは?

(渕之上さん)どのパンもそれぞれの良さがあるので選ぶのは難しいですが…。食べたら止まらなくなると考えたら、チョコフライパンパンドデカシュトレンです!ひとつには絞れません、すみません!(笑)。

 

ニコニコキッズ活動を通して子供達とママを笑顔に!仲間の存在が助けになっているチームでの活動。

渕之上奈津子さん

--あなたが独自におうちパンマスターとして活動しているフィールドやジャンルがあれば教えてください。

(渕之上さん)鹿児島に引っ越してから、まず最初にニコニコキッズ活動のチームを作りました。ひとりではなかなか動けなかったと思うのですが、元々の友人で、同じ鹿屋市に住むシニアおうちパンマスターの先生が一緒にやろう!と言ってくださり、立ち上げたチーム名は「はらぺこキッズかのや」。神奈川にいたとき「はらぺこキッズかながわ」というチームに所属していたので、そこで学んだことや、チームの想いを受け継ぎたいということで、のれん分けのようにチーム名を使わせていただいています。

活動を始めてまだ間もないので、いろんな場面で神奈川チームの活動を参考にさせていただいていますが、全てを真似るのではなく、これから鹿屋チームらしさをプラスしていけたらと思っています。

--おうちパンマスターとして活動するなかでくじけそうになった時はありましたか?あれば、その時の様子、どうやって乗り越えたかを教えて下さい。

(渕之上さん)まだ活動経験が浅いので、これというのはありません。

が、麻衣子先生をはじめ、シニアアドバイザーの先生方や一緒に活動している仲間、認定講座の同期など、「何かあったらいつでも相談してね!」と言ってくださる方々の存在があることがとても心強く、必要なときはアドバイスをいただきながら活動していきたいと思います。

--おうちパンマスターとして、今後どのような活動を描いていきたいか、ビジョンがあれば教えてください。

(渕之上さん)当面は育児中心でおうちパンの活動はスローペースになると思うのですが、「子どもに関わるお仕事がしたい!」という気持ちがずっとあったので、ニコニコキッズ活動は今後も続けていきたいと思います。

鹿屋の子どもたちに手作りの楽しさや喜び、おいしさを伝えるためなのはもちろんですが、私自身がそうだったように、「資格はとったけれど活動する自信がない…」という方々に、一緒に楽しみながら学べる場所としてこのチームを活用していただけたらと思っています。私もレッスン経験は少ないですが、こうして今活動していこうと思えるのは、神奈川チームにいたとき、メンバーのフォローや励ましの中で、初めて講師を経験させていただいたことが大きいです。なので今度は「はらぺこキッズかのや」が、誰かの「はじめの一歩」を後押しできる存在になれたらいいなという思いで、チームのメンバーと協力し合いながら、できる限りチームでの活動を続けていきたいです。

また自宅教室ではおうちパン講座の経験を積んでいき、将来的にはベビーセラピストの資格も活かしながら、主に小さなお子さま連れのママさんや妊婦さんたちにおうちパン作りの魅力をお伝えしていけたらと考えています。普段から家事や育児を頑張っているママさんたちがリフレッシュできて、笑顔でお帰りいただけるような場所作りをしていきたいです。

--1週間のスケジュールを教えて下さい。おうちパンマスターの活動以外にどんな風に過ごされていますか?

(渕之上さん)平日の午前中はだいたい下の子を連れて育児支援センターや公園などに出掛けるか、ご予約があるときは自宅でのレッスンを開催しています。午後は家にいることが多く、幼稚園から帰ってくる娘のおやつにパンを焼いたりします。空いた時間で、自宅教室やはらぺこキッズかのやの講座の企画や準備をしています。

パンを焼くのも楽しいですが、仕込みで生地に触っている時間がなんだかホッとするし、リフレッシュになります!

 

ワクワクの気持ちを沢山の人に届けたい!

--自宅教室やレッスンなど、PRしたいことがあればご記入ください!

(渕之上さん)2020年1月から鹿屋市の自宅にて、小人数制、お子さま連れOKの“おうちパン教室mamma(まんま)”を開講しました!おうちパンのことはもちろん、育児や趣味のことなどいろんなお話をしながら一緒に楽しい時間を過ごしましょう!気負わずに、息抜きも兼ねていらしてください♪

ニコニコキッズ活動チーム はらぺこキッズかのや

どちらもお問い合わせ等のご連絡はInstagramのDMもしくは公式LINEからお願いいたします。レッスンの様子などもInstagramでご覧いただくことができます。

また、はらぺこキッズかのやでは、鹿屋市在住・近隣にお住まいのおうちパンマスターを随時募集しております。気になるという方はぜひお声掛けください!

--最後に、未来のおうちパンマスターや読者のみなさまへのメッセージをお願いします! 

(渕之上さん)何か新しいことを始めるとき、誰でもワクワクするのと同時に、多少の不安も感じるのではないでしょうか。

おうちパンに関しては、おうちパンマスターになるかどうか、講座をやるかどうかはひとまず置いといて、一度おうちパンを焼いてみていただきたいです。麻衣子先生のHPでもレシピや動画を見ることができますし、麻衣子先生が出演されるクックパッドLIVEを視聴するだけでもとても勉強になります。私もおうちパンマスターになって丸1年は、自分と家族のためにパンを焼くことを楽しんできました。そのような時間の中で、やっぱり誰かに伝えたいと思えたなら、個人でも、チームでも良いので、おうちパンマスターとしての活動を始められたら良いと思います。

おうちパン講座の形は、それぞれの環境や生活スタイル等に合わせて様々で、「決して無理なく自分も楽しめる範囲で」というところが私は好きです。たくさんいらっしゃるおうちパンマスターの活動を見て少しでも楽しそうだなと感じていただけたら、あまり難しく考えず、ぜひおうちパン作りをしてみてください!

やってみたら、自分の意外な一面に気付けるかもしれませんよ!周りの人に喜んでもらうためにも、まずは自分自身が楽しみましょう♪私もワクワクの気持ちをたくさんの人にお届けできるよう活動していきます!

 

おわりに

第8回の『おうちパンマスターFile』、いかがでしたか?

パン作りには興味がなかった渕之上さんが、お友達がきっかけでおうちパンマスターとなり、1人ではできなったことも仲間とチームとしての活動を通して少しずつ自信をもつことができたのですね。

新天地でも仲間と楽しんで活動する姿は、きっとたくさんの子供達を笑顔にしていると思います!

『おうちパンマスターはチーム』

おうちパンマスターは認定校やcottaから通信で取得することができ、今では全国、世界に3,000人ほどいて、それぞれのスタイルでおうちパンを楽しんでいます。

どんな形であれ、おうちパンと関わろうとすれば、かならず繋がることができる!まずは自分が楽しむこと!

そんな渕之上さんの言葉が印象的でした。まだ経験は少ないということですが、新しいフィールドで自分らしく活動を広げていく渕之上さん、そして「はらぺこキッズかのや」のこれからの発展が楽しみですね!

今後も“おうちパンマスター”として独自のフィールドで活躍する方をご紹介していきます!ぜひ、お楽しみに!