ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

おうちパンマスターFile

【おうちパンマスターFile vol.13】通信から資格を取得して出張講座で活動中~小林麻優子さん

【おうちパンマスターFile vol.13】通信から資格を取得して出張講座で活動中~小林麻優子さん

こんにちは、吉永麻衣子officialサイト編集部の井上です。
“おうちパンマスター”として、独自に素晴らしい活動をしている方にスポットライトをあて、お話を聞く『おうちパンマスターFile』
今回は、静岡県で出張講座専門で活動されている小林麻優子さん。小林さんと“おうちパン”との出会いから、“おうちパンマスター”になるまでのきっかけについて、伺いました。

 

手ごねで2〜3時間かけてパンを作っていた私が出会った、衝撃的な“おうちパン”

小林麻優子さん-1

ーーまずはプロフィールを教えてください。

(小林さん)生まれも育ちも静岡県で、静岡が大好きな三島市在住の小林麻優子(こばやしまゆこ)です。
2018年6月からおうちパン教室を開講しています。

ーーパン作り歴は何年くらいになりますか?

(小林さん)大学卒業後に趣味として、手ごねパン教室にたまに通っていました。ずっと教室で作るのみでしたが、手ごねパンを家で作るようになってから3年、おうちパンは、2年半になります。

ーーおうちパンとの出会いはなんですか?

(小林さん)おうちパンマスターになる前からパン・お菓子作りをするために材料や道具調達をcottaさんで注文していました。サイトを見ていると「おうちパン」という文字を見つけ、読んでいくと簡単に出来て、冷蔵庫で発酵!?オーブンでもトースターで焼ける!?なにそれーって思いました(笑)。手ごねで2~3時間かけてパンを作っていた私にとって、衝撃的なパン作りと思ったのが出会いです。

ーーcottaのサイトでおうちパンをみつけたのが最初なのですね!いろいろなおうちパンを焼いていらっしゃると思いますが、おうちパンで一番好きなパンはなんですか?

(小林さん)タッパー1つで作れちゃう「ドデカフォカッチャシリーズ」です!
特にゴマチーズドデカパン。ゴマとチーズの香りが良くて、そのままで食べてもおいしいし、サンドウィッチにするのもお気に入りです♡
あ~ドデカシュトレンも好きです!毎年、パン屋さんのシュトレンを購入していましたが、ドデカシュトレンを知ってからは購入してないです。1番を選ぶのは難しいです(笑)。

ーーゴマチーズドデカパンは基本のおうちパンメニューの中でも人気の高いパンですねー!おうちパンマスターになるまでのきっかけはなんですか?

(小林さん)パン屋さん巡りが好きで、パン消費量全国1位の京都にパン屋さん巡りだけのパン旅行に行ったことがあります。食べるたけでなく、作るのも好きで手ごねてパンを作っていましたが、時間がかかるパン作りがもっと楽にできたらなーって思っていました。
そんな時にcottaで“おうちパン”を知ったと同時に「おうちパンマスター」を知り、簡単なパン作りを自分のペースで学べるなら受講してみよう!と思い、受講を決めました。
受講の時点では、教室開講はまったく考えていなくて、ただ、おうちパンを習いたいという気持ちだけでした。

ーーパン旅行とは、本当にパンがお好きなのですね!そんな小林さんがおうちパンマスターになり、変わったことや良かったことを教えて下さい。

(小林さん)パンは購入するものではなく、作るものに変わりました。手作りだと自分で選んだ材料で作ることができるので、安心安全であると思うようになりました。
一番うれしかったことは、おうちパン講座のときに「実は、動画を見て作りましたが、上手く出来なくて…でも、今日参加してわかったのでおうちでも作ってみます。楽しかったし、勉強になりました!また参加します♡」と言っていただけたことです。

おうちパンを作る楽しさやわからないことを伝えていきたい!と思っていたので、実際にお役に立てたことが私の自信にも繋がり、とてもうれしかったです。ご感想を直接聞けたことにとても感謝しています。

 

旦那様がアシスタント?家族に支えられながらの“おうちパン”ワークショップ

小林麻優子さん-4

ーー今はネットや動画でパンのレシピは見られるけれど、直接習うことのメリットを感じていただけたのですね!おうちパンを焼いたり、おうちパンマスターの活動に対し、ご家族の反応はいかがですか?

(小林さん)最初のころはおうちパンを焼くと興味を示してくれていましたが、今はおうちパンが食卓に出てきても当たり前という感じです。ワークショップなどのイベントでは、夫が荷物を運び・受付・カメラマン・洗い物等、率先して動いてくれるので、とても助かっています。私よりも動いてる!?と思うときもあります。
また、私の伝え方を見て、おうちパンを初めてやる方にこう伝えたらわかりやすいんじゃない?など私が気が付かない点をアドバイスしてくれることもあるので、とても感謝しています。家族の協力・理解があって、今の活動ができているので、これからも感謝の気持ちを忘れずに活動していきたいです。

ーー旦那様は頼もしいパートナーですね!小林さんがおうちパンマスターとして独自に活動しているフィールドやジャンルがあれば教えてください。

(小林さん)キッズ講座です。夏休みに2日間、『おうちパンと夏休み宿題祭り』と題して講座を行っています。副題は、「お母さん1日フリーですよ!」です(笑)。外部講座のスタッフさんとお話してるときに決まった企画です。
キッズ講座は、子どもの反応がおもしろい!!大人の講座では出てくることがないパンに対する表現が聞けたり、粉がたくさん飛んだりとハプニングがありますが、私自身楽しませてもらっています。今まで2年連続で開催していますが、リピーターのお子様も多くご参加いただいております。この日を楽しみにしてくれているお子様もいるので、これからも続けていき、子どもだけでもパンが作れる楽しさを伝えていきたいと思います。

ーー子どもの発想は豊かで時に驚かされますね!自分の手で作って自分で味わう、まさに五感を使ったおうちパンはそんな子どもの自由な感性を伸ばしてあげる手助けになるのかもしれません。

ーー小林さんは出張専門で講座を開かれていますが、外部施設で講座を開くきっかけはなんでしたか?

(小林さん)生徒さんからの紹介がほとんどです。おうちパンを初めて開催した場所も紹介でした。
そして、初めて開催した講座で「他の場所でやる予定ないんですか?」とご質問を受け、「今のところありませんが、やれるところがあればやりますので、おっしゃってください!」とお話しました。そうしたら、その生徒さんが2日後にご自宅の近くの会場を見つけてきてくださったんです!更に担当の方と打ち合わせの調整もしてくださっていて、ビックリしましたが、とてもうれしかったです。

どの会場にも開催前の打ち合わせで、おうちパンの特徴であるトースターで焼けること、時間がなくてもパンを作ることができるので気軽に楽しめるんです!とお伝えしています。パンを初めてやる方の目線に立ってお話をするように心掛けています。すると、みなさん食いつきがよくて、実際に講座に参加してくださるご担当者様もいらっしゃいます。

外部講座に参加後にお友達を誘って、お家でやってもらいたいというご依頼をいただくこともあります。ありがたいことに個人宅の出張講座は口コミが多いです。また、教室を始めてから開設したブログをご覧になったスタッフから「うちでもやっていただけませんか?」とご連絡をいただき、開催することになった会場もあります。ブログは、すぐには結果として繋がらないかも知れませんが、コツコツ続けることで見てくださる方がいると思います。

ーー専用のオーブンがなくてもキッチンじゃなくても、トースターさえ使えれば(フライパンとカセットコンロなどでも)、どこでもパンが焼けるのはおうちパンの特徴ですね!

 

生徒さんからの勧めからシニアおうちパンマスターに

小林さんおうちパンマスターファイル

ーー現在は精力的に出張講座を行っている小林さんですが、おうちパンマスターとして活動するなかでくじけそうになった時はありましたか?あれば、その時の様子どうやって乗り越えたかを教えて下さい。

(小林さん)おうちパンをお伝えする「講師」として活動するときです。私自身がおうちで楽しむ分には今のままでもいいけれど、人にお伝えするにはまだまだ勉強不足であると不安になりました。
そんな時におうちパンの勉強会が開催されると知り、すぐに申込みました。通信で学んだ私としては、リアルに学べる機会がとってもありがたかったです。通信では知ることができなかった部分を習得することができ、更に他のおうちパンマスターと出会え、情報収集もできるので収穫がたくさん!
勉強会・交流会・SNSを通してのやり取りがあることで、なにかあっても相談できる仲間・環境があるので、困ったことがあっても乗り越えることができました。

ーー小林さんのような通信でおうちパンマスターになった方でも、全国に仲間と呼べる存在があること、勉強会などで繋がれることは、おうちパンマスターの強みですね!おうちパンマスターとして、今後どのような活動をしていきたいか、ビジョンがあれば教えてください。

(小林さん)昨年、シニアおうちパンマスターになりました。きっかけは、生徒さんから「シニアおうちパンマスターにならないんですか?先生からおうちパンマスターを取得したいです」という言葉がきっかけでした。実は、シニアおうちパンマスターになる予定はありませんでしたが、こんな風に思ってくださる方のお役に立てるなら、絶対なる!と思い決めました。シニアの課題提出締切の1ヶ月半前に(笑)。  晴れて認定校となり、おうちパンマスターを輩出することができるようになったので、今後、ゆっくりとしたペースではありますが、私が学んだ経験をお伝えしていきたいと思います。そして、卒業生や同じ地域のおうちパンマスターと取得して終わりでなく、長く付き合っていけたらと思っています。

ーー生徒さんからの勧めでシニアおうちパンマスターになったのですね!生徒さまと信頼関係ができている証拠ですね。小林さんがおうちパンマスターの活動以外にもがんばっていること、趣味やリフレッシュ方法があれば教えてください。

(小林さん)おうちパンマスターとしての活動以外に手ごねパン教室・料理教室に通っています。
食べる・作ることが好きなので、まだ知らないいろんなことを学びながら、おいしいものを食べて満足感を得てリフレッシュしています。

ーー自宅教室やレッスンなど、PRしたいことがあればおしえてください。

(小林さん)静岡県三島市で「かんたんおやつとおうちパン教室Naturally」という教室名で活動しています。出張型のみで個人宅・工務店のモデルハウス内・家庭教育学級・ワークショップ等で講座を開催しています。おうちパンを知らないなんてもったいないです!ぜひ、一緒に作って、楽しみませんか?少しでも気になる方、お気軽にお問い合わせください。

【教室情報】
教室名:かんたんおやつとおうちパン教室Naturally
ブログ:http://ameblo.jp/ma-yu-kon
Instagram:naturally_shizuoka
メール:naturally.shizuoka@gmail.com
LINE@:@sza9072c

 

ーー未来のおうちパンマスターや読者のみなさまへのメッセージをお願いします。

(小林さん)私はおうちパンマスターになり、かんたんなパン作りを学べただけでなく、たくさんの仲間や生徒さん・会場スタッフの方々と出会うことができました。教室を開講するとは思っていませんでしたが、私の中でとっても楽しい活動となっていて、おうちパンに出会えて本当によかったと思っています。
おうちパンマスターになって、教室開講してもいいし、ご自身が作る楽しみ、作ったパンで家族や周りの方々を笑顔にしたりと楽しみ方は人それぞれ。
困ったことがあった場合は、おうちパンマスター仲間が助けてくれます。相談できる場所が常にあるって心強くないですか?
迷ってる方は、ぜひ、飛び込んでみてください。楽しみが増えること間違いなしです♡

 

おわりに

出張講座専門という形で講座を開催している小林さん。
たとえば会議室のような場所であっても講座が開催できて、また「どこの家庭にもある身近なもの」でパンが焼ける事は、講座を受ける側の生徒さんにとっても講師にとっても、有意義なことであると改めて感じました。

そして今回も通信講座でおうちパンマスターの資格を取得された方でしたが、小林さんのように自ら積極的に勉強会や交流会に参加したり、まわりと繋がろうとさえすれば、横の繋がりができ、受け入れる体制があるということ、まさに「おうちパンマスターはチーム」だと思います。
現在は全国・海外のエリアごとにエリアアドバイザーがいて、通信講座の添削を担当、資格取得後もフォローに当たっています。

でも、おうちパンマスターになったからといって、おうちパン講座を開催しなくてはならないわけではありません!
ご家庭でご家族・ご友人とおうちパンを楽しむだけでも立派な仲間。
「おうちパンが大好き!」という共通の想いを持った仲間です。

コロナで実際に人と会うことが難しい世の中ですが、好きな事が同じ仲間がいるだけで、なんだか心強いですよね。

これからもたくさんの人におうちパンを知ってもらえるように、”おうちパンマスター”は様々なフィールドで活動していきます!
次回の「おうちパンマスターfile」もお楽しみに!