ヨシナガマイコのおうちパンのある生活

おうちパンマスターFile

【おうちパンマスターFile vol.15】 ママや子どもがホッとできる居場所作り~下里さち恵さん

【おうちパンマスターFile vol.15】 ママや子どもがホッとできる居場所作り~下里さち恵さん

こんにちは、吉永麻衣子officialサイト編集部の井上です。
“おうちパンマスター”として、独自に素晴らしい活動をしている方にスポットライトをあて、お話を聞く『おうちパンマスターFile』

今回は、神奈川県綾瀬市でパンとベビーマッサージの教室をされている下里さち恵さんです。
下里さんと“おうちパン”との出会いから、おうちパンマスターになろうと思ったきっかけ、そして現在の活動の様子についてお話を伺いました。

 

 

「ママ達がガハハと笑えてぷらっと集える場所づくりがしたい」という思いで活動をスタート

下里さち恵さん-4

ーーまずはプロフィールを教えてください。

(下里さん)モーニング娘世代のアラサーママです。
野菜作りにどハマり中の会社員の主人とサングラスが最高のオシャレだと思っている小学1年生の息子、最近パンツデビューほやほやの3歳の息子との4人家族です。ボーイズに囲まれながらとてもとても賑やかに暮らしています。

ーーパン作り歴は何年くらいになりますか?

(下里さん)約4年になると思います。
1年くらいは独学でホームベーカリーにお世話になりながら、やる気がある日に焼き、おうちパンと出会ってからはほぼ毎日生地を触って3年が経ちました。

ーーおうちパンとの出会いは?

(下里さん)母になり初めての子育てにいっぱいいっぱいの頃、「ガハハハハと笑いながらたわいもない話ができて、ぷらっと集える居場所があったら、子育てがもっともっと楽しい時間になるなぁ」と、自分で何かできないかと考え始めたのがきっかけで、ベビーマッサージの資格をとり、お母さんたちの憩いの場を作っていきたいと思い活動していました。
そんな私の教室をおうちパンマスターの先生が見つけてくださり、おうちパンとのコラボレッスンのお誘いを受け、その流れで認定講座を見学させて頂いたのがおうちパンとの出会いでした。

 

ーーご自身が初めての子育てで奮闘している中で、「自分で何かできないか」と思うなんてすごいですね!そしてベビーマッサージ教室が活動のスタートでおうちパンとの出会いでもあったのですね。どちらも「小さいお子さんのいるママに寄り添う」という意味で共通点がありそうです。

(下里さん)その認定講座を見学させて頂いた場で、「私が探していたものはこれだ!」と直感で申し込みをしました。
赤ちゃん連れのお母さんたちに絶対に伝えていきたいと強く思い、焼きたてパンを食べながらお母さんたちとおいしいね〜と微笑む姿がはっきりと想像がつきました。
同時に私自身もこのおうちパンの作り方なら、負担なく家族に焼きたてのパンが焼けるカッコイイお母さんになれると確信したのを鮮明に覚えています。

ーー直感でビビッときたわけですね!おうちパンマスターになり、変わったことや良かったことを教えて下さい。また、うれしかったエピソードがあれば教えてください。

(下里さん)ゆっくりゆっくりではありますが、専業主婦だった時を思い返すと暮らしは劇的に変わったと思います。
教室をさせてもらえていることで暮らしにメリハリがつき、やり甲斐を感じる時間がたくさん増えました。

おうちパンマスターになり、作り方をお伝えする仕事をさせてもらうようになってから、レッスン後の生徒さんがおうちに帰ったあとに「初めて焼きたてパンを家族に食べさせてあげることができました」、「食が細い子どもたちも私が焼くパンはたくさん食べてくれます」、「自分がパンを焼けるなんて感動です」などなど、パンが焼けた感動を届けてくださいます。そんな時は、私が初めてパンを焼けた時と同じ感動をしっかりお伝えすることができたんだと、何十回レッスンをしてもこの感動はずっと変わらずうれしく宝物だなと思っています。

ーー生徒さんの感動エピソードを聞いてまた講師も感動、と感動が感動を呼んでいるのですね!もともとパンが大好きだという下里さん。おうちパンで一番好きなパンは何ですか?

(下里さん)どのパンも大好きですが、私も息子たちも回り回っていつもミルクスティックパンに落ち着くので、ミルクスティックパンが1番安心する大好きなパンです。

ーーおうちパンを焼いたり、おうちパンマスターの活動に対し、ご家族の反応はいかがですか?

(下里さん)最初の焼きたてパンを焼けた時のリアクションからするとだいぶ薄れてしまいましたが 笑。
7歳の息子がお友達に「ママはパンの先生なんだよ」と誇らしげに話している姿を見た時は、息子の中でパン教室をしていることが少しでも自慢できる部分であってよかったと嬉しく思ったことが印象に残っています。

 

 

目指しているのはカフェのようなホッとできる空間作り

ーー息子さんの自慢のママになっているなんて嬉しいですね!下里さんがおうちパンマスターとして活動していて、心がけていることがあれば教えてください。

(下里さん)おうちパンマスターとして教室をしていく中で自分らしさを意識していることは、パンの作り方や知識、おいしさをお伝えすることは大前提として、教室に来てくださった方が普段の日常を少し忘れられて、目から入る景色や音の流れがワクワクするカフェのような空間作りを常に意識しています。

パンを食べながら、お母さんたちの笑い声や赤ちゃんたちの泣き声がおうちの中で音色のように心地よく流れて、時間を忘れるくらいのんびりと過ごせるーーそんな教室でありたいと思っています。

ーー下里さんが最初に目指したママたちがホッとできる場所づくり、空間作りを大切にされているのですね。
おうちパンマスターとして活動するなかでくじけそうになった時はありましたか?あれば、その時の様子、どうやって乗り越えたかを教えて下さい。

(下里さん)下の子が生まれ一緒に教室を歩んでいこうと決めスタートとしたものの、一歳を過ぎた頃から活発に動くようになり、思うように講座を進めない日々が続きました。同時にありがたいことにお申込みが増えていく中で、突き進みたい気持ちと息子の成長と寄り添ってあげたい気持ちと葛藤する時期がありました。

悩みながらも無理をせずできる範囲でやっていこうと決めた時に、家族が背中を押してくれました。
講座中の息子の子守を自らやるよと母が言ってくれ、主人は休みの日に親子レッスンを開催することも協力してくれました。
また、家族の協力や理解のおかげで「Cotton」というママ向けイベントを運営することになったことがきっかけで、同じ地域で活動している色々な分野の方と横の繋がりを強く築くことができました。
こんなにたくさんの経験を積むことは、家族の全面的な協力なくしては出来なかったと思うと感謝してもしきれません。

 

 

様々な活動への挑戦、家族と生徒さんからの後押し

ーーなんとも素敵なご家族です!おうちパンマスターとして、今後どのような活動を描いていきたいか、ビジョンがあれば教えてください。

(下里さん)親子教室、デモレッスンのみの講座、カフェやイベントの外部講座、イベントの運営、コラボレッスンにオンラインレッスン、そしてシニアおうちパンマスターへの挑戦。
これらは全て生徒さんからのご提案やご希望、後押しがあったからこそ前へ進めてこれた活動です。

これからも生徒さんたちの想いに寄り添いながら「子どもと一緒にゆっくりとくつろげる教室」この軸を変えることなく、生徒さんたちと楽しみながら活動していきたいと思っています。

ーー生徒さんに後押しされて、講師自身が楽しみながら活動している、一方的ではない関係、これはおうちパンマスターに共通して言えることかもしれません。下里さんの普段のだいたいのスケジュールを教えて下さい。

(下里さん)だいたい平均すると週3日はおうちパン講座とベビーマッサージのレッスン、最近スタートしたオリジナルレシピ(父さん畑パン)のレッスンをしています。
オフの日はひたすら行きたいカフェやパン屋さんの情報をかき集めています。子どもの手が少し離れ、母になる前からの趣味であるカフェ巡りに今またゆっくり足を運べることの幸せを噛み締めています。カフェの空間作りや、器やテーブルコーディネートはとても刺激になり、自分の教室へのヒントに繋げています。

ーー自分自身のリフレッシュの時間も大切ですね!自宅教室やレッスンなど、PRしたいことがあればご記入ください!

(下里さん)
neiro
おうちパンとベビーマッサージ
子どもと暮らす 小さな教室

神奈川県の真ん中に位置する綾瀬市の自宅でお子さま連れ歓迎の教室を開いています。
教室というよりは、お友達のお家で肩の力を抜いて、子どもたちやお母さんたちがガハハハハっと笑いながら楽しくパン作りができる、そんな教室でありたいなと思いながらレッスンをしています。
ぜひ一緒にパン作りのある暮らしをたのしみましょう。

<教室 “neiro” のHP>
https://neiroo.amebaownd.com/

パンと子どもたちとの日々の暮らしを綴っています。
https://www.instagram.com/neiro_____/

<ママ向けイベント「Cotton」のHP>
https://cottonformama.wixsite.com/cotton

 

ーー最後に、未来のおうちパンマスターや読者のみなさまへのメッセージをお願いします!

(下里さん)部活の先輩の様なとても近い位置で私たちおうちパンマスターに寄り添ってくださっている麻衣子先生。
「食べられれば失敗じゃない。」そんな心強い言葉を発信してくださる麻衣子先生が作るパンはどれも安心するおいしさです。

今までの人生でこんなに夢中になれるものはなかったと思うくらい、おうちパンのある暮らしにどっぷりと浸かり、彩り溢れた毎日を送っています。
パン作りをしたことがない方も、すでにパンを焼いている方も、おうちパンの作り方を知るだけで、暮らしに合わせてパンの作り方を自分で選びながら楽しく手作りパンと暮らすことができると思います。

オススメ以外の言葉が思いつきません♡笑

 

 

おわりに

第15回の『おうちパンマスターFile』、いかがでしたか?

ご自身が子育てをしていく中で求めた、ママと子どものための「ゆっくりくつろげる居心地の良い空間」を自ら作り出している下里さん。
子どもとの毎日で行き詰まった時にちょっと息抜きできる場所があったら、きっとまた家族にも優しくできますよね。
おうちパンを焼くことも、ママ自身の息抜きにもなって家族にも喜ばれる、みんながハッピーになれることではないでしょうか。

下里さんの優しいほんわかしたお人柄にも惹かれてか、下里さんの教室には、たくさんのママと子どもたちがが集まり、人気の教室になっています!

カフェ巡りが好きだとおっしゃるように、instagramの写真からはおしゃれだけどほっこり癒される雰囲気が伝わってきます。

そしてこの度、おうちパンマスターを認定できるシニアおうちパンマスターの資格に挑戦し、無事に合格された下里さん。
ますます活躍の場が広がり、沢山のママと子どもを笑顔にしていくと期待しています!

これからも沢山の人たちにおうちパンを知ってもらえるよう、おうちパンマスターは様々なフィールドで活動していきます!
次回の『おうちパンマスターFile』もお楽しみに!