RECIPES レシピ

ドデカきのこパン

こんにちは、吉永麻衣子です。

型を使って“ドデカキノコ”です。

型は必要ですが、これは持っておくと便利だと思います。

型を使うことのメリットは色々あります。
柔らかく焼ける、同じ庫内、天板の大きさでもたくさんの量が焼ける、初心者の方でも同じ形に焼ける。などです。

私はパウンドケーキ型、食パン型、マンケ型、そしてこのカップケーキ型はよく使います。

ドデカパンの生地なんでもOKです!

  • 作業時間
    10分
  • カテゴリー
    ドデカパン
    成形アレンジパン
  • 難易度

材料(12個分)

■保存容器
強力粉 180g
砂糖 10g
塩 2g
インスタントドライイースト 2g
■ボウル(仕込み水)
水 70g
牛乳 50g
かぼちゃ(ふかしたら皮をとっておく) 80g
■レーズン 45g


今回使用した型はこちら
cottaオリジナルマフィン型(12個取) | マフィン・マドレーヌ・フィナンシェ型 | お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】

詳しい解説動画はこちら!

作り方

1

計量

材料をデジタルスケールで計量し、保存容器、ボウルにそれぞれ投入する。

2

こねる

保存容器の中の材料をスプーンでひとまぜし、均一にする。
そこに水を8割入れぐるぐる混ぜる。
状態が変わらなくなったら、粉っぽいところにめがけて残りの水を入れ、均一になるまで混ぜる。
レーズンは完成した生地に均一になるように入れる。
出来上がったら、保存容器の中で平らにする。

ドデカパンの捏ね方

3

発酵

冷蔵庫で8時間以上置く。

4

成形

発酵済みの生地に打ち粉を振り、カードを保存容器の壁と生地の間に差し込んで作業台にひっくり返す。
自然に落ちるのを待つ。
打ち粉を振って、12等分にカットする。
丸めて綴じ目を下にして、油を塗った型に入れる。

5

仕上げ発酵

パン生地が乾かないように油を塗ったラップ等をかけて、型から生地の頭が出るまで待つ。

6

焼成

オーブン 180度に予熱をして18分。

コツ・ポイント

分割・丸めの時はドデカパンの生地は水分が多く手にまとわりつくので粉を多めに振って、手にも粉をつけてなるべく早く作業しましょう。生地の後ろは押さえる程度でつままなくても型に入れれば繋がります。
また仕上げ発酵もしっかり待ちましょう。型から生地が頭一つ出るまで待つと、ふんわり柔らかい食感、そしてかわいいキノコになります。

MENU